鈴木敏文の書籍を徹底紹介します。





商売の原点 |鈴木 敏文

商売の原点
商売の原点
posted with amazlet on 06.04.03
鈴木 敏文
講談社 (2003/11/22)
売り上げランキング: 47,782
おすすめ度の平均: 5
5 良書
5 感心してゾッとして、なら自分はどう仕事をするのか
5 消費は、「経済学」から「心理学の分野」へ

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)


●地味な本ですが、すごい気づきのある本でした。凡事徹底というか、原則に忠実というか、本質のところを掘り下げ、実行しているところに感動します。

●会社ではどうしても、これまでの仕事のやり方や、雰囲気に流されがちですが、「これはお客様のためになっているのか?」という視点で行動しようとするだけで、すごい決意がいることに気づきます。

●本メルマガも読者の視点で、どんどん改善していかなくてはなりませんね。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・米飯類などを三便体制(一日に三回生産し、三回納品すること)にしたのも、味を落とさないため、鮮度を守るためです。(p26)

・あらゆる商品に対し、その店の客数、客層などを個別に考えたうえで、どう発注するかを考えなければならなのであって、十把ひとかけらの一律的なやり方では、生き残っていくことはできません。(p40)

・いまの消費は、完全に心理学の分野に入っています。(p61)

・マーケッティングのことを書いた本は無数に出版されています。しかし、その本を扱っている世界の人たちが、マーケッティングのことをまったく考えていません。(p98)

・当時、私たちはお客様の立場に立って、便利さということを考えたとき、正月からでも店を開けておく必要がありました。(p100)

・特に大手の場合、社員の中に、自分一人くらいちょっと手を抜いてもなんとかなるだろうと甘い考えが浸透しやすいのです。それが社風化したとき、またたくまに会社は体力を落として、傾いていきます。(p104)

・仕事ができる人は必ずしっかりした自分のかたちをもっていて、それを具体的に提示できるし、それに関しては絶対に妥協を許さない厳格さをもっています。したがって、すぐれた上長というのは「うるさい人」でなければならないのです。(p188)


「商売の原点」
鈴木敏文、講談社(2003/11)¥1,470
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)


【鈴木敏文の経歴】
中央大学経済学部卒業。

昭和31年東京出版販売(現トーハン)入社。

その後昭和38年イトーヨーカ堂入社。

昭和49年コンビニエンスストア『セブン-イレブン』の出店をスタートさせる。

平成4年イトーヨーカ堂社長、セブン-イレブン・ジャパン会長に就任。

特にセブン-イレブンでは、POS(販売時点情報)システムを初めて本格導入し、消費者ニーズに基づく仕入れ、販売方法を確立。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら