鈴木敏文の書籍を徹底紹介します。





沈んでたまるか |鈴木 敏文 /宮内 義彦 /自由企業研究会

沈んでたまるか沈んでたまるか
鈴木 敏文 /宮内 義彦 /自由企業研究会
日経BP社 刊
発売日 2001-12
価格:¥1,470(税込)




改革の必要性がよくわかります。 2002-11-24
著名経営者2人が日本経済をどうすればよいか語った本ですが、成功した経営者だけに言葉には重みがあります。
この本を読むと、この国の価値観がシステム障害を起こしていることがよくわかります。小泉政権という改革を標榜している政権の間に、本当に改革を進めないと大変なことになると恐ろしくなってしまいます。


■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【鈴木敏文の経歴】
中央大学経済学部卒業。

昭和31年東京出版販売(現トーハン)入社。

その後昭和38年イトーヨーカ堂入社。

昭和49年コンビニエンスストア『セブン-イレブン』の出店をスタートさせる。

平成4年イトーヨーカ堂社長、セブン-イレブン・ジャパン会長に就任。

特にセブン-イレブンでは、POS(販売時点情報)システムを初めて本格導入し、消費者ニーズに基づく仕入れ、販売方法を確立。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら